わきが(腋臭症)とは、わきの下から臭う独特のすえたようなニオイが特徴で、生まれ持った体質です。

わきがのニオイの原因となるのは汗と菌です。

人のカラダには、汗を分泌する腺=汗腺があり、主にエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

h5エクリン腺
全身に分布している腺で、特に頭や顔、背中などに集中しています。エクリン腺からでる汗は、体温調整のためにかく汗で、ほぼ水分で基本的には無色無臭です。

h5アクポリン腺
脇の下や耳、乳首や陰部にある腺です。アクポリン腺から出る汗は、水分にたんぱく質、脂質、糖質、アンモニアなどが含まれています。

わきがのニオイはアポクリン腺から出る汗が原因となります。

アクポリン腺からでた汗が、皮脂腺から分泌された脂分と混ざり、さらに皮膚表面の雑菌により分解され、独特のわきが臭になります。

もともとアポクリン腺の汗はフェロモン発散用の汗で、ニオイを作る役割がありました。わきの下や陰部に集中しているのは、体毛が多い場所だとニオイが逃げにくくなるためです。

実は、アクポリン腺自体はだれでも持っていますが、わきが体質の人はアクポリン腺の数が多いのです。

アクポリン腺は第二次性徴期あたりに発達し始めるために、わきがのニオイは思春期以降に出始めます。家族にわきがの人がいる場合は遺伝する可能性が高いといわれています。

思春期以降に突然臭い始めても、決して病気になったわけではなく、もともともって生まれた体質なのです。

わきが体質は、人種によって大きな違いがあります。日本人は全人口の約10%がわきが体質といわれ、欧米では70%~100%(黒人は約100%といわれています)と高い割合を占めています。

日本人はわきが体質の人が少ないために、自分だけという大きな悩みになりがちなのです。

わきが?を自覚する方法

わきがのニオイは自分では気づきにくいことがあります。なぜなら、常に嗅いでいるニオイに対して鈍感になるようにできています。でも、ニオイ以外で簡単にわきがかどうかをチェックする方法があります。

pointこんな人はわきがの可能性あり

h5耳垢の状態でわきがをわかる

乾燥した耳垢
わきが体質ではありません
湿った耳垢
軽度~中度のわきが
溶けたような耳垢
強度のわきが体質で、強いニオイがあります。

h5下着や衣類のわき部分に黄色い汗じみができる

h5家族にわきが体質の人がいる

もし、わきが体質でも対策方法はいろいろとありますので、悲観する必要はありません。

食生活や生活習慣の改善、わきが用のデオドラントクリームなどを上手に取り入れていけば、わきがの悩みを軽減することは決して不可能ではありません。

わきがに効くと評判のクリーム
ノアンデの詳細を見る
http://www.brymundy.com/